--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.03.06 22:07

超良い天気の十勝
先日の雪は凄い勢いで融けて
「春」もちょっとずつ近づいてる気がします。

今日は息子の通う「高等技術専門学院」の年に1度の学院展
卒業ま近なのでお世話になった先生方にご挨拶を兼ねて行ってきました。
昨年訪れてとて本格的なカリキュラムに感動し子供達の生き生きと作業をしている姿がとても印象的。
そんな学校です。
ちょっと長い記事になりますがとても素晴らしいのでお付き合い下さいね^^

この学院は
「建築技術科」「造形デザイン科」「電気光学科」「金属加工科」「自動車整備科」の5科で2年間学びます

まずは私が大好きな「造形デザイン科」の生徒が作った作品群です

090.jpg   092.jpg   091.jpg 
引き出し付きのテレビ台  サイドにテーブルが付いた机  ユニークな棚


一番左は150cm幅はありそうなテレビ台。デザインも強度も素晴らしいです。
水槽台に゚+.(*`・∀・´*)゚+.゚イィ!  と、思ってしまいまいしたw

真ん中の机だけどキッチンにこんなのほしい~~

左の棚もデザインがユニーク!
棚の高さが自由に変えられて何を飾ろう~~~って楽しくなりませんか?

これは展示のほんの一部で個性的だけど機能的な作品が30点はあったと思います。
見学がとっても楽しいコーナーなんです
材質は「メープル」と記載されているものが多く、とても木の暖かみの感じられる物ばかりでした。



ここではお箸&箸置きを作成体験も出来ます。

108.jpg

生徒のレクチャーをうけて自分でかんなを使いお箸を作ります。
ちゃんと、仕上げまで助けてくれるので誰でも体験できるんです
私は昨年体験したので今回はスルーしました^^
昨年、作ったお箸は今も使ってるんですよ。

そして地味・・・ですが息子のお世話になった「電気工学科」
造形デザイン科に比べたらかなり地味ですが
学んでいる施設の凄さにいつも感動します。

096.jpg      099.jpg


左はよく解りませんがこういうのは絶対出来なきゃいけない基本的な技術のようです。
右は電気工学科の教室内にある電信柱!ここで配電の実技の技術を学んでます。
他にも画像にはありませんが同じ教室内にお家が一軒建っていて、電気設備を実際に作るなど
実践の仕事にかなり近い環境で学んでいます。
こんな設備を見ているだけで飽きないσ(´・ε・`*)アタシ
でも、地味でしょw




そそそして
実は
私の目的はコレ・・・・
建築技術科でやっている体験です

どんなものを作りたいかを説明すると・・・
こんな風にレクチャーしてくれます

114.jpg 115.jpg 117.jpg

118.jpg 120.jpg 121.jpg


これね、廃材を利用してます。
私「幅45センチ奥行き35センチ高さは40センチぐらいのちょっと重い物にも耐えられる四角の台を作りたいんだけど・・・」
そんなアバウトな希望を見事に解ってくれたS君!
あんたは凄い!

私はアイディアとちょっとだけ釘を打っただけ・・・あとはカメラマンw
とーちゃんとS君で1時間弱で作成しました。
上部のすのこを斜めにしたのは私のアイディアですw
見てるだけでもめちゃめちゃ面白い!
廃材なのであちこち釘穴の痕とかあるけどキニシナイ
ペーパーをかけてニスを塗れば問題ないですw

最後に・・・S君
ここに何を置くんですか~~?の質問
「水槽だよ!」   と答えました。
S君は Σ(・ω・ノ)ノ!  な感じでしたw

来年は何を作ろうかなw

他の科も紹介したいですが・・・

長くなりそうなので今日はこのぐらいで・・・・

でもねどの科も素晴らしい設備の中で学んでいるんですよ。

そして学費は道立なので私立の専門学校の10分の1なのです

就職率はどのぐらいなんでしょうか・・・かなり高いみたいです

こんな素晴らしい学院で学べた息子は幸せものです

社会に出て早く一人前になってほしいものですね。





スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき - ジャンル : 日記

| つぶやき | コメント(9) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

これはいいものを見せて頂きました。
凄く立派な施設と思いきや、道立ですね。さすが公立!
この学び舎の2年間はとても意義の有る時間だった事と
思います。
また、そのお陰でこの就職難の世の中で、就職が決まって
社会人に成るんですね。
同い年の息子を持つ親として、とても羨ましく思います。
きっと立派な社会人に成ることと思います。

で、作った台はやはり水槽を置く台でしょうか?

| だーさん | URL | 2010.03.06 23:19 |

私もこんな学校で学んでみたかった
きっと違う人生が開けていたでしょうね
人生の中で学ぶことだけに集中できる時間は、
とても短いです。
短い中で 素晴らしい環境と先生そして仲間
こうゆう環境を与えるのも
親の役目でもあるわけですね

これからは、自分で学んでいかなければならない息子さん
きっと期待に答えてくれるでしょう
しっかり羽ばたいていくことを願っています

| みちのく ずんだ | URL | 2010.03.07 00:55 |

羨ましい!

こんな学校が近くにあったら、親や教師の反対を押し切って行っただろうな!様々な大人達の勝手な理由で「普通高校理数科」へ入れられ就職した私ですが、結果的には仕事や趣味で「建築技術科」「造形デザイン科」「電気光学科」「金属加工科」「自動車整備科」全て経験してるんだもん。専門知識が無く、独学だと厳しいです!

でも庵さん、若い子たぶらかして「水槽台」作らせちゃ、だめでしょう!しかも只?

>来年は何を作ろうかなw
だから~、作らせるんでしょう???お仕置きだ!ペシペシ!

| マルビえび彦 | URL | 2010.03.07 05:54 |

だーさんへ

施設を見るだけでも楽しめるんですよ~
道内各地にあるんですよ^^

息子の就職が決まったのもここで学べたからだと確信できます。
ほんとうに感謝です。
ただ、社会人としてしっかり働けるかは本人次第。
自覚をもってほしいものです。


> で、作った台はやはり水槽を置く台でしょうか?
そそ、そのうち必要になるかなぁ~と思いまして・・・

| 庵 | URL | 2010.03.07 12:09 |

みちのくずんださんへ

でしょ~私も「造形デザイン科」で学んでみたいです~
もの作りの素晴らしさを体験してみたいと思わせてくれました。

息子の性格から考えてデスクワークの仕事よりも
技術を見につけて現場で体を張ってできる仕事のほうが
彼には幸せではないかな・・・そんな事を親子で話し合って
いくつかの選択肢の中から彼が選んだ学校。
とにかく自分で選んだ責任があるので最後まで学ぶ事が大切かな・・と
至れり尽くせりのこの時代、いかに精神的、物質的に自立させる事の難しさを
最近とても感じます。
社会人として通用する人間じゃないと困りますからね。

息子の仕事は電気工事に関する資格を色々と必要とする仕事なので社会人になってからも
日々、勉強だと思います。
親としてはっぱかけまくりますw

| 庵 | URL | 2010.03.07 12:21 |

マルビえび彦さんへ

えび彦さんが興味持ちそうな学科ばかりですよね^^
今からでも遅くない!
実際に社会人の方も居るんですよ^^
失業手当を貰って通ってると聞きました。
県立の学院があると思うな^^

私も「造形デザイン科」に通ってみたいです。

> でも庵さん、若い子たぶらかして「水槽台」作らせちゃ、だめでしょう!しかも只?
もちろん無料体験です
たぶらかしてませんw
かれらにとってはアバウトな要望に応えられるってのも重要なのw

ちゃんとトンカチて「トントン」したし、後かたずけも手伝いました
来年も楽しみ♪

| 庵 | URL | 2010.03.07 12:28 |

世に言う高専ですね!
違いますか?
ちょっとやそっとじゃ入れない倍率の学校ですね。
すごい。
しかし、中を見るのは小生も初めてです。
すごい立派な設備ですねぇ。
今度、北海道に道立の「高等蝦術専門学院」ができるそうですね。
これまたすごい。

| mongy | URL | 2010.03.07 20:57 |

mongy さんへ

えっとね~
高専とは違うんですよ。
多分高専はもっと数学的だったり物理的な高度な学習をして就職先は精密な物の設計に携わる側の人になるんだと思います。
それに比べて息子の学院は作業をする人の側ですね。
入学時の倍率はそんなんでもないんですよ。

このような学院は多分どこの自治体でもあると思いますよ。

> すごい立派な設備ですねぇ。
5億の施設だそうですよ。こんな素晴らしい施設で勉強できて学費は公立高校並み!

北海道に道立の「高等蝦術専門学院」が?!!
学院長はだれだろw

| 庵 | URL | 2010.03.08 10:19 |

高等蝦術専門学院

学院長はNさんかAさん。
いやオーストラリアのSさんのご家族かも…w

でも、いったい何の勉強するんでしょうねw
施設は5億かけてつくられるそうです、高等蝦術専門学院w
v(^o^)

| mongy | URL | 2010.03.08 14:09 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。